本文へスキップ

 Kumamoto
   Alternative
     Medicine
       Association

会のご案内profile

組織・役員

役職 名前 その他
会長 長尾 和治 御幸病院 名誉医院長
運営委員長 藤岡 ふみよ サイモントン療法
認定スーパーバイザー

熊本代替療法研究会について

 近年、生活環境の悪化により、がんや生活習慣病などが増加の一途を辿っております。これからの医療は、未病治、健康増進の観点からの取り組みが必要とされる時代となりました。またその他に、現在の通常医療単独レベルでは、完治が難しい疾患も多数あり、慢性の苦痛を抱えながらの生活を余儀なくされている患者が多数おられることも事実です。

  代替療法は、未病治、健康増進に加え、全人的な立場に立って、通常医療単独では解決できない問題を補完することで、さまざまな症状を抱える患者の苦痛を緩和し、QOL(クオリティー・オブ・ライフ)の向上を目指すことが社会的使命だと考えます。
 しかし、残念なことに、代替療法にはたくさんの優れた点があるのにも関わらず、それぞれの療法の情報がばらばらに発信されているため、患者にいたずらに混乱を招いていることも事実です。また、その混乱に乗じ、治療効果が不確かにも関わらず、法外な治療費を請求する詐欺的療法が横行していることも、認めざるを得ません。そのため、よい代替療法が求められているにも関わらず、社会的な認知度や信用度が低いという現状が持続しているようにも思われます。

 熊本代替療法研究会は、代替療法施行者間で活発に意見交換や情報交換を図りながら、それぞれのレベル・アップを目指すこと、情報発信を一元化して、代替療法を求められる患者さま方が、自分に合う療法を見つける手助けができること、また、複数の代替療法を組み合わせることで、さらに治療効果を上げることも可能な場合もありうるため、チームで一人の患者をケアしていくことが、これからの代替療法を考えていく上で、大変重要なことだと考えております。

 まず、代替療法が統合され、将来的には、通常の医療と代替療法が統合され、患者本位の、真の統合医療が確立されていくことを願い、熊本代替療法研究会を発足することとなりました。この研究会の趣旨をご理解頂き、一人でも多く、優れた治療者の皆様にご入会頂ければと思います。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

                                      熊本代替療法研究会会長




代替療法とは

 代替療法とは?
 自然科学に基づく現代通常西洋療法以外の療法の総称です。
 補完・伝統療法と呼ばれることもありますが、これらは代替療法の効果や分野の一つに過ぎません。私たちの研究会名のように、代替療法と広く総括するのがよいと考えます。
 また、決して、低品質の代用品的療法ではなく、理論体系のはっきりしない単なる民間療法でもありません。英語ではalternative medicineといいますが、alternativeには「代わりとなる」という意味のほかに、「慣習的方法をとらない」、「新しい」という意味があります。
 代替療法は、人の心身を大宇宙に対する小宇宙であり、複雑系であると考え、心身一元論を基本としています。研究はシステム論的方法によって、環境や心理的要因や生活習慣と人体の全体的生体反応を重視します。その療法は診断と治療が不可分で、自然治癒力を賦活し、患者に優しいもので、副作用も比較的に少ないという特長があります。

 


熊本代替療法研究会

〒861-3207
熊本県上益城郡御船町御船
    藤岡医院内

TEL 096-282-0302
FAX 096-282-4060

設立 2008(平成20)年9月